フィンペシアやED薬のバイアグラの量が多い時は分割

中高年になると血流が悪くなるため、AGAやEDの症状が起こりやすいので、フィンペシアやバイアグラなどで改善するようにしてください。
フィンペシアは、AGAの治療薬として有名なプロペシアと同じ、有効成分フィナステリドを含んだ薬で、ほとんど同じ効果があります。
脱毛の原因である、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害できるので、徐々に抜け毛を減らして、髪の毛の量を増やせます。
バイアグラは、シルデナフィルという有効成分を含んだ薬で、EDの原因である、5型ホスホジエステラーゼという酵素の働きを阻害できるので、これを飲めば、正常な勃起が可能となります。
どちらも中高年には利用者が多い薬なので、欲しいときは個人輸入代行通販に注文するとよいでしょう。

フィンペシアやバイアグラの量が多いときは、ハサミやカッターで分割して飲むようにしてください。
フィンペシアの有効成分、フィナステリドを1日に摂取する上限は、1mgまでなので、それ以上飲んでも効果はないですが、それ以下ならかまわないので、2分割の0.5mgや、4分割の0.25mgにして飲んでいる方も多くいます。
規定の用量以下の摂取により、育毛効果があるかどうかは人それぞれですが、少ない量で豊かな髪の毛を取り戻せれば、その方がお得なので、AGA対策にあまりお金をかけたくない方は試してみてください。
またバイアグラも、日本人に適した量は25~50mgなのですが、個人輸入代行通販によっては、100mgを買った方がお得になることがあります。
100mgのバイアグラをそのまま摂取すると、小柄な日本人には効き目が強すぎて、めまいや吐き気でふらふらになってしまうことがあります。
それでは性行為が出来るわけがないので、100mgを購入した場合は、2分割や4分割にして飲むようにしてください。

ページの先頭へ戻る